Herb recipe

ハーブ・香りの肉巻きレシピ

 

少し前にTVで観たレシピをアレンジ

 

■材料

◆薄切豚肉

◆バジルの葉

◆レモン

◆粉チーズ

◆ゆで卵

◆マヨネーズ

◆ハーブソルト

◆付け合わせの野菜

◆パン粉・小麦粉・卵・油

 

■作り方

‘敍を広げて粉チーズを振って、レモンの皮をすりおろし、その上にバジルの葉を置いて巻きます。

⊂麦粉→卵→パン粉をつけ、油で揚げて、レモンを絞ります。

ソースはゆで卵を細かくしマヨネーズと合え、レモンを絞り、手作りハーブソルトを振り混ぜ合わせます。

 

おしまい

 

娘も大絶賛♡

 

簡単ハーブソルト講座

随時リクエスト開催中

お問い合わせ

 

Herb recipe

手作りハーブ「インフューズドオイル」

インフューズド=成分を侵出させた
という意味の侵出油

 

ハーブティー(お湯)では抽出されないハーブの脂溶性成分(カロテノイド、ビタミンA、D、E、K、など)を、植物油に浸け込む方法…温めずに抽出する「冷侵法」または温めて抽出する「温侵法」により、効率よく抽出させることができます。

 

今回は先日作ったチンキと同じもので試してみたく…マロウブルー以外のローズヒップ、カモミールジャーマン、ネトル、ラベンダー、ヒースの5種類30mlずつ、冷侵法で作ってみました。(温浸法も後述)

(多く作りたい場合は、例:植物油100〜150mlに対しハーブ5〜10g(目安))

 

■用意するもの

◆ドライハーブ3g(目安)…生活の木のものを購入しました。

◆キャリアオイル(植物油・下記参照)30ml

◆ビーカー…ビーカーや瓶、ガラス棒などはよく消毒してご使用ください。 

◆密閉容器(保存瓶) 

◆ガラス棒

◆茶こし・ガーゼまたは珈琲フィルターやキッチンペーパー…ハーブを取り除く際に使用します。

◆ラベルシール

◆温侵法では鍋とお水…湯せん用

 

参考までに今回使用したドライハーブ

ヒース3g

ラベンダー3g

ネトル3g

ローズヒップ5g

カモミールジャーマン3g

 

■作り方常温で長時間浸けこむ冷浸法」

花や葉などの繊細な部分から抽出する場合に向いており、熱に弱い成分も破壊されずにオイルに残ります。

〔閉容器にドライハーブを入れます。

↓,某∧油をハーブが完全に浸るように注ぎ入れ、しっかり蓋を閉めます。
▶ハーブが完全に浸ることで、空気に触れず、酸化防止や雑菌の繁殖防止になります。

ラベルに使用したハーブ、作成日を記入し瓶または蓋に貼ります。

す皺溝深勝直射日光を避け、2〜3週間おきます。
▶成分がより抽出されやすいように1日1回、瓶を振り混ぜ合わせます。
▶日光によりハーブの有効成分が分解されてしまうため、直射日光を避けます。

2〜3週間後…ハーブの成分が十分に抽出されたところで、ハーブを取り除きます。
▶ビーカーまたは保存瓶の上に茶こしをのせてガーゼを重ねるまたは珈琲フィルターやキッチンペーパーで、こします。
▶場合によってはガラス棒などで、ハーブをよく絞ります。
▶保存瓶は、遮光瓶または紙を貼るなどして遮光できるものを用意し、最後にラベルシールを貼ります。

 

■作り方「精油成分(香り)を素早く取り出したい場合は温浸法」

根・果実・茎などの硬いものから抽出する場合やラベンダーやジャスミン、ローズマリーなど香りを引き立たせたい場合に向いています。​

‖冉容器(瓶やボウルなど)にハーブを入れます。

↓,某∧油をハーブが完全に浸るように注ぎ入れます。
▶ハーブが完全に浸ることで、空気に触れず、酸化防止や雑菌の繁殖防止になります。

水を入れた鍋を火にかけ、△鯏鬚擦鵑砲けます。
▶︎蓋つきの瓶であれば、香りがとばないように、または湯気や水分が入らないように蓋を「軽く」乗せます。
▶︎蓋を閉めて密閉しますと、容器の中の空気が膨張して危険なので、「軽く乗せる」だけにしてください。

せ々ガラス棒などでかき混ぜながら、30分以上〜1時間程度湯せんします。

ゥ蓮璽屬寮分が十分に抽出されたところで、ハーブを取り除きます。
▶ビーカーの上に茶こしをのせてガーゼを重ねるまたは珈琲フィルターやキッチンペーパーで、こします。
▶場合によってはガラス棒などで、ハーブをよく絞ります。

Νイ冷めたら密閉保存容器に移します。
▶日光によりハーブの有効成分が分解されてしまうため、直射日光を避けます。(遮光瓶または紙を貼るなどして遮光)
▶ラベルシールを貼ります。

 

■注意など

□火気、直射日光、高温多湿を避け、ペットや小児の手の届かない場所に保管してください。
□保存期間は約3ヶ月となります。
□ご使用の際は、パッチテストをしてください。(方法下記)

■植物油

植物油には、精製されたものと未精製のものがあります。精製されたものは、不純物が取り除かれ、その植物特有の香りや色が除去されていますが、反対に未精製のものは、栄養分が豊富に含まれ、スキンケアに対して有効的ですが、残留物(稀に不純物)が残りアレルギーが起こる可能性、独特な香りが残るなど、ハーブの香りをお楽しみいただくことが難しい場合があります。お子様や敏感肌の方、香りをしっかりと活かしお使いになりたい場合、初心者の方は、どちらかと言うと精製されているものをお薦めします。

簡単にお薦めオイルをご紹介します。

ホホバ油
砂漠に自生する灌木ホホバ(ツゲ科)の種子から採れる液状ワックス(ロウ)です。中心成分の化学構造が人間の皮脂によく似た成分のため、肌によく浸透し、さらっとした使用感なのにしっとりさせます。にきび、湿疹、脂性肌、乾燥肌と脂質を選ばず使え、髪のお手入れにも使用されます。酸化しにくいため、長期保存が可能。ほとんど無臭であることから、クリーム作りにも適しています。抗炎症作用のあるミスチリン酸を含有し、関節炎やリウマチなどのケアに有効です。ロウなので寒い季節は固まる事があります。

スイートアーモンド油
アロマトリートメントで最も使われているオイル。アーモンド(バラ科)の種子から採れ、肌を柔らかくする効果があり、肌の柔軟剤として化粧品にもよく用いられます。オレイン酸やリノール酸などの栄養分を豊富に含み、特に乾燥肌に最適です。肌触りがなめらかで、すべりがよく、トリートメントの際に深いリラックス感をもたらします。数あるキャリアオイルのなかでも作用がとてもマイルドで、敏感肌の方や赤ちゃんにも安心して使用できます。保存期間は開封後約2〜3ヶ月、ナッツアレルギーに注意。

マカダミアナッツ
マカダミアナッツ(ヤマモガシ科)の種子から採れるオイル。人間の皮脂に含まれ、加齢に伴い減少するバルミトレイン酸を高濃度に含むため、加齢肌や乾燥肌のトリートメントに適しています。皮膚への浸透力も高いことから「消えてなくなるオイル」とも表現されます。またこのオイルにはサンスクリーン効果もあるため、UVカットコスメにも広く利用されています。保存期間は開封後約2〜3ヶ月、ナッツアレルギーに注意。

イブニングプリムローズ
月見草オイル、このオイル最大の特徴は、肌に必須の脂肪酸「γリノレン酸」を豊富に含有していること。肌細胞の機能を正常化させ、潤い、張り、ツヤをもたらします。また女性ホルモンを調整する作用があるPMSの徴候であるイライラ、にきび、頭痛などの症状緩和が期待できますが、酸化しやすいオイルです。

 

■使い方

◆トリートメント(マッサージ)オイルとして、そのままお使いいただけます。

◆お肌の保護、保湿、炎症、外傷、火傷に1滴〜数滴、そのままお付けください。

◆軟膏やクリームに混ぜたり、手作り基材にもお使いいただけます。

◆食用のオイル(オリーブオイルなど)でお作りいただいた場合(フレッシュハーブの1/3程度のドライハーブ使用)、ハーブの香りがついた調味料としてお使いいただけます。ローズマリー、タイム、バジルなど。

 

■今回使用したハーブ

◆ヒース…アルブチンという成分が豊富に含まれ、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制・美白・美肌効果。

◆ラベンダー…不安や緊張、イライラなど神経の鎮静作用、抗菌、皮膚の炎症も鎮め組織の回復を助けます。

◆ローズヒップ…レモンの20〜40倍のビタミンCを含み「ビタミンの爆弾」と呼ばれています。

◆カモミールジャーマン…心身をリラックスさせる優れた鎮静作用、月経痛や冷え性など婦人科系のトラブル、皮膚の炎症にも。

◆ネトル…血液中にあるヘモグロビンに構造が似ているクロロフィルを豊富に含み、浄血や造血作用に優れます。浄血作用は血液をキレイにする作用で、アレルギーやアトピーなどの体質改善、お肌の湿疹やかぶれ、収斂などのスキンケアにも役立ちます。


▶パッチテストの方法
汗や入浴など外的要因により、反応が正しくみられない場合もありますので、注意して行ってください。
‘浴後に化粧水など少量を腕の内側のやわらかい部分に塗ります。
24〜48時間様子を見て、皮膚にかゆみや炎症などがでていないか確認します。
O咾飽枉錣なければ、フェイスラインなどに少量塗って、再度異常がでないか確認します。
パッチテストの途中に炎症などがでた場合は、すぐにパッチテストを中断し、大量のお湯または水で洗い流してください。皮膚にかゆみや炎症などがでた場合は、その精油を使った化粧品の使用はお控えください。

 

随時リクエスト開催中

お問い合わせ

 

◆注意点&免責事項◆
アロマセラピー、ハーブは医療ではありません。あくまでも補助的な手段だとお考えください。また、ここに掲載されている内容は、精油、ハーブの効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。当サイトで紹介している精油、ハーブの特徴、効果、仕様、アロマテラピー、ハーブの実践などによって生じた事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Herb recipe

手作り「固形石けんでボディソープ 」

可愛いソープボトルを購入したので…
中に入れるものを手作りで…と

固形石鹸も1つ残っていたので…
作れないと知ってはいても試してみてしまいました(笑)

そもそも…固形石鹸と液体石鹸は全く違う「物質」から構成されているので 、固形石鹸を水で溶かしても液体石鹸にはなりません…

石鹸の原料を鹸化するとき、水酸化カリウムを使うと脂肪酸カリウム→液体に

水酸化ナトリウムを使うと脂肪酸ナトリウム→固体になります

どちらも石鹸には違いありませんが、脂肪酸ナトリウムを水に溶かしても、脂肪酸カリウムにはならない=液体石鹸にはならないので、溶かした直後、温かいうちはサラサラとしていますが、時間が経つと、その性質上ゲル状、物凄い粘度のある山芋、はたまたまるでスライムのように固まってしまうのです

 

なので、水に近い状態「やや薄っすいボディソープ」へ変身させました(笑)

仝之狙个韻鵑髻▲圈璽蕁次僻蕕爐器)か、おろし金、包丁などで細かくし、耐熱容器へ

熱湯を注ぎ入れます

スリムクッキングベラ(100均にありますが、クラフトには重宝します)で「優しく」かき混ぜ溶かします

石鹸にもよりますが、石鹸10gに対し250〜300mlの熱湯を使います

溶け切らない場合は、ラップをし電子レンジ500wで30秒、溶けるまで数回行います

 

■サラサラ過ぎと想っても…冷めて時間が経つと固まってきますので、サラサラが続くまで、お湯を足してみてください

■水で薄めると雑菌が繁殖しやすいと言われていますので、少量で作って下さい

無印の石鹸を少し削りました

ネトルハーブチンキネトルインフューズドオイルを各小さじ1弱とラベンダー精油3滴入れてみました

 

使用感は…良いです

楽しい実験時間になりました

 

実験してみて、飽きたり、諦めてしまった場合でも…

ゲル状のものは、捨てずにお掃除などにお使いください

油汚れなどのお掃除に役立ちます

 

随時リクエスト開催中

お問い合わせ

 

◆注意点&免責事項◆
アロマセラピー、ハーブは医療ではありません。あくまでも補助的な手段だとお考えください。また、ここに掲載されている内容は、精油、ハーブの効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。当サイトで紹介している精油、ハーブの特徴、効果、仕様、アロマテラピー、ハーブの実践などによって生じた事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Herb recipe

手作りハーブ花粉対策「エルダーフラワーコーディアル&出がらし活用」

風邪やインフルエンザなどの症状がでた時の代表的なハーブ

薬効に富み、古くから「庶民の薬箱」「万能の薬箱」とよばれていました

今では「インフルエンザの特効薬」として知られています

また、エルダーフラワーには、神経を鎮める鎮静作用を持つフラボノイドが豊富

抗アレルギー作用も含み、粘膜の炎症(鼻水、鼻詰まり、くしゃみ)など花粉症状の緩和にも役立ちます

 

生活の木のこちらのコーディアルが大好きで、作ってみたくなりました

以前もレシピを書きましたが、今回はこちらの作り方で試してみました

 

■用意するもの

◆水 200ml

エルダーフラワードライ 15g

◆砂糖 100g

◆レモン汁 レモン1個分(30〜40ml)

 

◆小さめの鍋×2

◆目の細かい茶こし・ガーゼなど

◆ガラス瓶などの密閉保存容器

◆ラベルシール

 

□ハーブは乾燥ハーブの基本的な分量です。使うハーブの種類によって量はかわってきます

□砂糖は三温糖、グラニュー糖、てんさい糖またはハチミツでもできます。全体量の半分を目安にしてください

□レモン汁を加えると…色をきれいにし、保存もきくようになります。クエン酸(小さじ1.5位)でも代用可

□小さめの鍋が作りやすくお勧めです

□ハーブをこす、茶こしやガーゼがなければ、排水口水切り用ストッキング、目の細かなカス揚げでも…

□ラベルシールは作った日付やハーブを記入し保存容器にお貼りください

 

■レモン汁を用意します
レモンを平らなところで転がし、皮を柔らかくしてから絞ると、絞りやすく果汁も多くとれます
尖った方を切り落とし十字にカットしても絞れます
今回は36ml絞れました

 

■作り方

‘蕕某紂200m)を入れ火にかけ、沸騰したら火を弱めます

↓,縫┘襯澄璽侫薀錙次15g)を加え、1分程煮て、火を止め、蓋をして5分程蒸らします

C磴海靴覆匹妊蓮璽屬鬚海靴覆ら別の鍋に液体だけうつします

きに砂糖を入れ、溶かしながら弱火で5分程煮ます

ゥ譽皀鷭舛魏辰─30秒程、火を加え、火を止めます

Νイ鮗然に冷まし、保存容器に入れ、ラベルを貼り、冷蔵庫で保存ます

 

▶保存状態により賞味期限もかわってきますが、冷蔵庫に入れ1週間程度で飲み切ってください

できあがり&出がらし▶使います(笑)
今回のできあがりは170mlでした(ハーブの種類によって変わってきます)

 

■コーディアルの使い方

◆コーディアル:炭酸水または水=1:6で割って飲みます
◆その他、お酢+炭酸水でスパークリングビネガー、お酒と混ぜてカクテルやフレーバービア、紅茶に入れてフレーバーティー、パンケーキ、ヨーグルト、アイスにそのままかけたり、凍らせてかき氷にしたり、ゼラチンと混ぜゼリーにしたり、スイーツやお料理の材料にも広くお使いいただけますのでお好みの分量で色々お試しください

 

■感想

1,2日で落ち着きますが、作りたては、少しだけ苦みを感じました…
ハーブ(植物)は、同じ種類のハーブでも1つ1つ違いがありますので、苦みが苦手な方は、30秒煮て、蒸らし時間を5分内(4分程度)にするなど、いろいろお試しください

カス揚げなどで、きれいに取り除けるハーブであれば、鍋を2つご用意いただかなくてもできます

イ離譽皀鷭舛鵬个魏辰┐襪函▲咼織潺Cが壊れる「酸化」スピードが上がりますので、冷めてから加えても…
お客様には「美味しい〜」と喜んでいただいております

 

■絞ったハーブ(出がらし)の使い方

◆洗顔(そのまま再利用):ティーポットに入れお湯を入れ、洗面器に注ぎ入れ、冷ましてから洗顔
◆サシェ(芳香・消臭):新聞紙などに広げ、十分に乾燥させたら、ティパックや布袋に入れ、クローゼットや下駄箱へ

 

今回は↓下記2つで活用
◆薬草風呂:ティパックに入れバスタブにポン!と…お湯が柔らかくなり、とても気持ちいいです。天然塩を一緒に入れると、新陳代謝を高め老廃物の排泄や腸内酵素の働きを促進、蠕動運動を高め便秘の軽減や胃腸などの働きを活発にし、免疫力を高めるほか、神経系の興奮を抑えてくれます=腸内環境とアレルギーには密接な関係がありますので、天然塩も是非お試しください
◆クレイ

今回はホワイトクレイを使用しました・タルタルソースみたいになりました

 

エルダーフラワーは肌を引き締める、ハリを与える、ニキビや吹き出物の予防・改善、シミやソバカスを取り除く効果も報告されているとのことなので、クレイに混ぜて使ってみたいと想います

 

■クレイ
クレイは天然の粘土です
この粘土の中の成分には、海や大地が長い間をかけて育んできたたくさんのミネラルや鉄分、ビタミンなどの成分がとても豊富に含まれ、肌の表面を傷つけることなく、成分を肌に取り込みながら毛穴の奥に入り込んだ汚れや老廃物を吸着します

 

クレイパック
吸収、吸着作用が強く、お肌の余分な汚れを取りのぞくことで…
・顔色を明るくする
・毛穴を目立たなくする
・お肌にハリを与える
・小鼻の黒ずみの改善
・むくみの改善
・ニキビの改善
・老化防止

 

■用意するもの
ホワイトクレイモンモリオナイトなどのクレイ 大さじ1
◆出がらしハーブ 小さじ1〜2
◆精製水 大さじ1/2〜(出がらしの水分により)
◆キャリアオイル 小さじ1弱
◆プラスチックボウルまたは小皿
◆木またはプラスチックスプーンや割り箸など混ぜ合わせられるもの(手でもOK)

 

■作り方
.椒Ε襪箴皿などにクレイを入れ、出がらしハーブを入れ、精製水を少しずつ加えます
↓,縫ャリアオイルを入れ、ペースト状(耳たぶ位の柔らかさ)になるまで混ぜ合わせます
□硬めでしたら精製水を、緩くなり過ぎてしまったらクレイを足してください

 

■使い方
□パッチテストを行なってからご使用ください(方法下記)
□洗顔後のお顔または手や足など、パックをしたい部位に塗布し、5〜10分程度置きます、渇いてきたら、ぬるま湯で優しく洗い流し、化粧水、美容液など日々のスキンケア(やや多めに)でお肌を整えてください

 

■注意など
□お顔の場合、目や口の周り、唇、髪の生え際は避け、5分以上置かないでください

□お肌に負担がかからないよう「完全に乾ききる前に」洗い流してください
□お肌に異常がでた場合は、大量のお湯または水で洗い流してください
□作り置きはできません
□お肌の弱い方や敏感肌の方、乾燥が激しい方、傷のある方のご使用はお控えください

□排水口に詰まる可能性がある場合、ウェットコットンをお作りになり、優しく拭き取ってから洗い流してください

 

■感想

ハーブが大きめなのでゴロゴロした感じがあります 
気になるようでしたら、すり鉢などで、少しすり潰してもいいかもしれません 
オイルの量が多いと水と分離し、お肌にのせにくくなります 
出がらしハーブの活用だけでなく、粉末ハーブなどを利用することもできます

 

◆パッチテストの方法
汗や入浴など外的要因により、反応が正しくみられない場合もありますので、注意して行ってください
‘浴後に化粧品(クレイ)少量を腕の内側のやわらかい部分に塗ります
24〜48時間様子を見て、皮膚にかゆみや炎症などがでていないか確認します
O咾飽枉錣なければ、フェイスラインなどに少量塗って、再度異常がでないか確認します
パッチテストの途中に炎症などがでた場合は、すぐにパッチテストを中断し、大量のお湯または水で洗い流してください。皮膚にかゆみや炎症などがでた場合は、その精油を使った化粧品の使用はお控えください

 

随時リクエスト開催中

お問い合わせ

 

◆注意点&免責事項◆
アロマセラピー、ハーブは医療ではありません。あくまでも補助的な手段だとお考えください。また、ここに掲載されている内容は、精油、ハーブの効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。当サイトで紹介している精油、ハーブの特徴、効果、仕様、アロマテラピー、ハーブの実践などによって生じた事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

Herb recipe

手作りハーブ花粉対策「ハーブチンキ」

ホワイトリカーやウォッカなど度数の高いアルコールにハーブを浸して作る侵剤

「チンキ」や「ティンクチャー」と呼ばれています

1度作ってしまえば保存期間は約1年
スキンケアやマウスウォッシュ、お風呂に入れたり、飲み物に入れたり、内用、外用として使えます

 

今回「花粉対策」として「ネトル」「カモミールジャーマン」を使いました(全6種類)
「エルダーフラワー」もとてもよいですが、こちらはコーディアルにしました

 

顔がとても痒く…
化粧水やトリートメントに使ってみたら痒みがどうなるかしら?と楽しみです

 

仕事柄、スキンケアのことをついつい考えてしまうので、ローズヒップやヒースなどで作りましたが…
花粉症をとにかくなんとかしたい!方には「ネトル」「エキナセア」「エルダーフラワー」お勧めです(詳細下記)

 

■チンキ

チンキは、アルコールを使うことでお湯や水では抽出できない脂溶性の成分を抽出させることができるため、ハーブの力を一度に効率よく取り入れることができるのが大きな特徴、魅力といえます(お湯やお水は水溶性成分のみ、アルコールは両方)

またアルコールは長期保存を可能にし、体内への吸収を早めるなどの利点があり、飲料用のウォッカやホワイトリカーを使うことで、内用、外用ともに多く利用できます

 

■用意するもの

(60ml用)

◆ウォッカ60ml…アルコール度数40前後のもの

◆ドライハーブ5g(目安)…生活の木のものを購入しました

◆ビーカー…ビーカーや瓶、ガラス棒などはよく消毒してご使用ください 

◆密閉容器(保存瓶) 

◆ガラス棒

◆茶こし・ガーゼまたは珈琲フィルターやキッチンペーパー…ハーブを取り除く際に使用します

◆ラベルシール

 

勧められて↑画像のウォッカを購入してしまったのですが、評価があまりよくなく…ウォッカとしては飲みませんが、口に入れるものを作るのでお勧めはこのウォッカこちらのウォッカ、次回はどちらかを使って作りたいと想います

 

今回はニトリのスパイスキャニスターを使用しました
 

参考までに今回使用したドライハーブ

ヒース3g

ラベンダー3g

ネトル3g

ローズヒップ5g…他のものに比べ比重あり、パウダーのものもあります

カモミールジャーマン3g…浸け込む内にハーブがアルコールを吸い込み、膨らみ、水面より出やすいので2gでも

マロウブルー1g…8分目まで入れても1g以上になりません。こちらも水面より出やすいので6〜7分目でも

 

■作り方

〔閉容器にドライハーブを入れます

↓,縫Εッカ60mlをハーブが完全に浸るように注ぎ入れ、しっかり蓋を閉めます
▶ハーブが完全に浸ることで、空気に触れず、酸化防止や雑菌の繁殖防止になります
▶保管中にアルコールが揮発しないように、しっかりと蓋をしてください

ラベルに使用したハーブ、作成日を記入し瓶または蓋に貼ります

す皺溝深勝直射日光を避け、冷暗所または冷蔵庫で2〜3週間おきます
▶成分がより抽出されやすいように1日1回、瓶を振り混ぜ合わせます
▶ハーブがアルコールの水面より上に出ていた場合は、少しずつアルコールを加えます
▶日光によりハーブの有効成分が分解されてしまうため、直射日光を避けます(遮光瓶または紙を貼るなどして遮光)

2〜3週間後…ハーブの成分が十分に抽出されたところで、ハーブを取り除きます
▶保存瓶(またはビーカー)の上に茶こしをのせてガーゼを重ねるまたは珈琲フィルターで、こします
▶場合によってはガラス棒などで、ハーブをよく絞ります
▶保存瓶を別に用意した場合、ラベルシールを貼ります

 

■注意など

□チンキ剤には高濃度アルコールとハーブ成分が含まれるため、火気、直射日光、高温多湿を避け、ペットや小児の手の届かない、冷暗所に保管してください。保存期間は約1年となります
□お子様やご年配の方、妊娠中の方のご使用には十分にお気をつけください
□アルコールに弱い方、アルコールアレルギーの方は注意してください

 

■使い方

◆飲み物に
お湯やハーブティ、紅茶、炭酸水やジュースに数滴(1〜2ml)垂らし、お飲みください
アルコールを使っているので体内への吸収が早く、体を温める働きもあります
▶アルコールが入っているので、お子様に使えません
▶お料理やお菓子などの材料にも使えます

 

◆マウスウォッシュ・うがいに
コップ一杯のお水に3滴ほど垂らし、ご使用ください

 

◆入浴剤に
バスタブに垂らすと薬草風呂に、また粗塩や岩塩に混ぜてバスソルトとしてもお使いいただけます

 

◆湿布に
精製水で4〜10倍に薄め、タオルなどの布物に染み込ませ、湿布として使用できます

 

◆化粧水に
精製水で10倍程に薄め、化粧水としてご使用いただけます
グリセリンをほんの少し(1ml程度を目安に)入れると保湿力もUPします
スカルプケア、ヘアートニックとしても使えます

 

◆ルームスプレーに
そのままスプレーする、または精製水で4〜10倍(お好みで)希釈し、お部屋にスプレーします

 

◆クリームやオイルに
クリームやオイルに混ぜたり、クリーム作りの基材にもお使いいただけます

 

◆シャンプーやリンス、ボディソープに
無香料、手作りシャンプーやリンス、ボディソープにほんの少しだけ混ぜます
▶市販のものに加える際は、その都度少しだけ垂らし使用してください

 

■今回使用したハーブ

◆ヒース…アルブチンという成分が豊富に含まれ、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制・美白・美肌効果

◆ラベンダー…不安や緊張、イライラなど神経の鎮静作用、抗菌、皮膚の炎症も鎮め組織の回復を助けます

◆ローズヒップ…レモンの20〜40倍のビタミンCを含み「ビタミンの爆弾」と呼ばれています

◆カモミールジャーマン…心身をリラックスさせる優れた鎮静作用、月経痛や冷え性など婦人科系のトラブルにも

◆マロウブルー…風邪による喉の痛みや腫れ、胃炎、膀胱炎、尿道炎などの緩和、お肌の炎症抑制、保湿、柔軟性を高めます

◆ネトル…血液中にあるヘモグロビンに構造が似ているクロロフィルを豊富に含み、浄血や造血作用に優れます。浄血作用は血液をキレイにする作用で、アレルギーやアトピーなどの体質改善、お肌の湿疹やかぶれ、収斂などのスキンケアにも役立ちます

 

上記で花粉対策にお勧めした

◆エキナセア…免疫力を高め、感染症を予防、花粉対策にもよく、風邪やインフルエンザと共に予防としても活用できます

◆エルダーフラワー…神経を鎮める鎮静作用を持つフラボノイドが豊富、「インフルエンザの特効薬」とも呼ばれます、抗アレルギー作用も含み、粘膜の炎症(鼻水、鼻詰まり、くしゃみ)など花粉症状の緩和に役立ちます

 

■お肌に使用される場合など、心配な方はパッチテストをお勧めします
▶パッチテストの方法
汗や入浴など外的要因により、反応が正しくみられない場合もありますので、注意して行ってください。
‘浴後に化粧水など少量を腕の内側のやわらかい部分に塗ります。
24〜48時間様子を見て、皮膚にかゆみや炎症などがでていないか確認します。
O咾飽枉錣なければ、フェイスラインなどに少量塗って、再度異常がでないか確認します。
パッチテストの途中に炎症などがでた場合は、すぐにパッチテストを中断し、大量のお湯または水で洗い流してください。皮膚にかゆみや炎症などがでた場合は、その精油を使った化粧品の使用はお控えください。

 

随時リクエスト開催中

お問い合わせ

 

◆注意点&免責事項◆
アロマセラピー、ハーブは医療ではありません。あくまでも補助的な手段だとお考えください。また、ここに掲載されている内容は、精油、ハーブの効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。当サイトで紹介している精油、ハーブの特徴、効果、仕様、アロマテラピー、ハーブの実践などによって生じた事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。